忍者ブログ

ひさびさに

2016年08月07日
「蒼穹」を聞くとものすごく天地を見たくなるなぁ。
今思えばほんとうに天地は幸せな作品だった。(笑)

エグゾダスはもちろん嫌いではないけど、いろいろ目指す目標が高すぎた感があり、そしてまた失われた存在も多すぎて見直すのが辛い。
無印も辛いんだけど、あれはなんというか、あれはあれで子供たちの成長物語だから、辛いなりにカタルシスもあるから最後は「これでよかった」って思えるんだよね。

続編があるなら天地みたいなものがいいな…。(笑)

いやエグゾもよかったですよ。とくに皆城くんとニヒトが。皆城くんの旅路の話でもあったかなと思う。

てゆーか一騎の生誕祭来月か!
早いなぁぁ

拍手

PR
« とれた | HOME | はずれた »