忍者ブログ

再放送

2014年04月13日
BOX のCMいいですね。(笑)

しかし、ファンのひいき目かもしれないけど、ほんとにこのアニメは密度が濃いというか本気度ハンパないと思うわ。
セリフひとつ、キャラの無言の表情ひとつとっても。

なんつーかもう、翔子と真矢のやりとりとか。甲洋の孤独とか。
見てて切ないというか痛いわ。
翔子と真矢の関係って、キツイけどすごい純粋っていうか真摯っていうか。どっちも可哀想なんだけど愛おしい。
甲洋はいい子すぎて切なくてねー。普段からもっとブラックでよかったのにね。そうなれなかった環境だから可哀想なんだけど。

そして前半の一騎が無闇につっぱっていて…ちょっと空回っているというか。
設定の「一匹狼」っていうのを一生懸命演じようとしてるっていうか。
お前そんなキャラじゃないだろっていう。(笑)
EXOのPV自分で見てみなって言いたい。(笑)

そして、アルバムを見て泣きながら「すまない紅音」って言ってる史彦を見てまた涙ぐむ自分。

登場人物すみからすみまで、こんなに丁寧に描写しているアニメはなかなかない。
そして強調したいのは、チューニ作品にありがちな「わたしってこんなに辛くて可哀想。あんたなんかにわたしの何がわかるの」っていう、内向きの自己憐憫じゃなくて、他者に対する思いやりとか愛情から生まれる感情を描いてることなんですよ。

一騎は前半は内向きなんだけど、その内向きも自己憐憫とかの歪んだ自己肯定じゃなくて…よくわかんないけどなんか苦しそう、っていう感じなんですよねー。

EXOは本当に楽しみなんだけど、多分この1期?ほど息苦しいくらいの濃密な切なさとか愛情とかそういうのは感じられないんじゃないかって、ちょっと思ってたりします。


拍手

PR
« あれ? | HOME | おやおや »